イギリスと日本との時差、2024年のイギリスのサマータイム

海外旅行で気になる重要なことの一つが、訪れた国と日本の時差です。特に問題となるのは時差ぼけで、訪れた国では昼であっても、日本では夜であるため、体が順応できず眠たくなることもあるでしょう。またサマータイムによって、時差が変わってくることも頭痛の種となるかもしれません。今回紹介するのは日本とイギリスの時差です。またイギリスのサマータイムがいつ始まり、いつ終わるかについても、こちらの記事で紹介したいと思います。

 

日本とイギリスの時差は夏8時間、冬9時間

日本とイギリスの間の時差は季節によって異なります。イギリスがサマータイムの期間の時(3月下旬から10月下旬まで)は、時差は8時間となります。日本がUTC(協定世界時)が+9時間となっており、イギリスは+1時間となっているからです。つまり、日本はイギリスより8時間先行していて、日本でお昼の12時はイギリスの早朝4時となるのです。ただしサマータイム が終わると(10月下旬から3月下旬まで)、イギリスはUTC+0時間となるため、時差が9時間となってしまうのです。

 

2024年のイギリスのサマータイムはいつからいつまで?

2024年のイギリスのサマータイムは3月31日〜10月27日

通常イギリスでサマータイムが始まるのは3月の最終日曜日です。2024年の場合は3月31日です。01:00になると時計の針が1時間進み、02:00となります。そして標準の時間に戻るのは通常10月の最終日曜日です。2024年の場合は10月27日となります。02:00になると時計の針が1時間戻り、01:00となります。いずれも日曜日に変わるため、日曜日から前日とは1時間異なる時計の時間となるのです。

イギリス政府公式ホームページでのサマータイムの情報

 

イギリスのサマータイムは廃止される?

イギリスでサマータイムが廃止されるのはしばらくなさそうです。

最近ではサマータイムの廃止の動きが世界各国で見られると言われています。実際にEUではサマータイムを実際に廃止する動きもありました。しかし2020年にイギリスはEUを離脱しており、EUの動きに従う必要はありません。また市民の中にはサマータイムの廃止を望む声もありますが、現状維持を求める声も多くあります。報道を見る限り、イギリスではしばらくサマータイムを維持することは確かなようです。

イギリスのニュースメディア「The Guardian」によるサマータイムに関するコラム

Follow me!