2024年のドイツのサマータイムと日本との時差

​​海外旅行をする際に忘れていけないことの一つは訪れた国と日本との時差です。ヨーロッパの国のように日本と時差の開きがあると、体内時計が日本時間のままで、昼であっても眠たくなることもあるでしょう。このように大きな時差は時差ぼけを起こすことがあるため気を付けなくてはいけないのです。そんな時差ですが、国によっては、時期によって日本との時差が変わることに驚かされるかもしれません。なぜならサマータイムを導入している国では、夏と冬で日本との時差が変わってくるからです。今回紹介するのは日本とフランスの時差です。またフランスのサマータイムのスケジュールについても、こちらの記事で紹介したいと思います。

 

日本とドイツの時差は夏7時間、冬8時間

ドイツと日本との時差はサマータイムの期間中と期間外で変わることになります。ドイツがサマータイムに入ると(3月下旬から10月下旬まで)、時差は7時間となります。日本がUTC(協定世界時)が+9時間となっており、ドイツは+2時間となっているからです。日本はドイツより7時間先行しており、日本がお昼の12時の時にはドイツは早朝5時となるのです。ただし夏が終わりサマータイムが終わると(10月下旬から3月下旬まで)、ドイツはUTC+1時間となるため、時差が8時間となります。

 

2024年のドイツのサマータイムはいつからいつまで?

2024年のドイツのサマータイムは3月31日〜10月27日

 

他のヨーロッパ諸国同様ドイツでサマータイムが始まるのは3月の最終日曜日です。2024年の場合は3月31日となります。02:00になると時計の針が1時間進んで03:00となります。そして標準の時間に戻るのは通常10月の最終日曜日です。2024年の場合は10月27日となります。03:00になると時計の針が1時間戻り、02:00となるのです。いずれも日曜日に変わるため、土曜日とは1時間異なる時計の時間となります。そのためニュースなどを見ないと、時計の針が進んだり戻っていることに気付かないこともあるでしょう。

 

ドイツのサマータイムは廃止される?

ドイツでのサマータイムの議論は続いています。

 

最近ではサマータイム廃止の動きが世界各国で見られるようになりました。報道によれば、実際にEUでは2021年に加盟国がサマータイムの取り入れ義務を廃止しています。そのためサマータイムの継続は加盟国の判断に任されています。しかし義務がなくなってもEU加盟国では現状維持としており、サマータイムを廃止する国は出てきておりません。ですが、今後もサマータイム廃止についての議論は続いていくでしょう。

 

Follow me!